ユーエムアイホールディングス株式会社
コンプライアンス・ポリシー

UMI-Holdings コンプライアンス・ポリシー ユーエムアイホールディングス株式会社では、社会的責任を果たしつつ持続的な発展を遂げ、企業理念を実現するために、コンプライアンス・ポリシーを制定し、 これを企業倫理基本方針として、役員および社員の意識の向上とその精神に則した行動が実践できるよう企業倫理の徹底に取り組んで参ります。

 

1.法令・社会規範の遵守 役員および社員は、諸法令、社内規程を遵守するとともに、経営理念に基づき社会規範に沿って、責任ある行動を行います。

 

 2.社会の要請に応えた事業活動の推進 社会のニーズを正しく把握し、個人情報・顧客情報の保護に十分配慮しつつ、 より安全で良質なサービスを提供するとともに、アフターフォロー体制の整備・充実に努め、 顧客の満足と信頼を得ます。

 

 3.人権の尊重と健全な職場の形成 人を大切にする企業として、安全対策を強化・充実させることはもとより、豊かで快適な職場環境を確保するため、社員の多様性・人格・個性を尊重し、 積極的に雇用・労働条件の改善に努めます。

 

 4.地球環境の創造と保全 より良い地球環境を保持するため、環境保全に十分配慮した事業活動を推進します。

 

 5.社会との調和の促進 地域社会との良好な関係を構築・維持することはもとより、それぞれの文化や慣習を尊重し、地域社会の発展に貢献するよう努めます。 海外において事業活動を行うに際しては、国際ルール・現地の法令を遵守し、現地の文化や慣習を尊重し、相互信頼に基づく事業活動を推進します。

 

 6.企業情報の公正かつ適切な開示 公正かつ適切に企業情報を開示することにより、企業経営の透明性を高め、社会的な信頼を高めます。

 

 7健全な競争と公正な取引の維持 効率性の向上、技術力・ノウハウの蓄積、コストの削減等を通じて企業競争力を強化し、公正かつ自由な競争を行います。

 

 8.教育と啓蒙 役員および社員が企業倫理行動規範について、十分な理解を得るために必要な教育・研修を行います。

 

 9.経営者による問題解決姿勢 役員および社員がこの企業倫理行動規範に反するような事態が生じた場合、役員については役員会(取締役会・監査役会)で、また社員については就業規則に基づき、 それぞれ厳正な処分を行うとともに、経営自らが問題解決にあたり、原因の究明と再発の防止に努めます。